あると便利な道具

あると便利な道具

あると便利な道具についてご紹介したいと思います。

農作業の基本的な道具としては、スコップやくわ、はさみなどがあります。フーデニングでは、最初からすべてそろえなくてはならないわけではありませんが、あると作業の能率、効率がぐんとあがります。少しずつ道具をそろえていくのも、またフーデニングの楽しみのひとつです。ここでは、基本的な道具のほか、あると便利な道具たちについて中心的にその用途をご紹介します。

基本道具
◆スコップ
◆くわ・三本ぐわ
◆草かき
◆かま
◆移植ごて
◆はさみ(剪定バサミ、植木バサミ)

あると便利な道具たち

◆じょうろ・・・水やりや液肥を与えるのに使用します。水の出る口(ハス口)の取り外しができる、金属性のタイプが便利です。一般的には、5〜10リットルのものがよいと思われます。水やり用と、除草剤用はわけるように、用途別に幾つか用意します。

◆ホース・・・ビニール製のもの20〜30m程度。ホース先端にとりつける散水ノズルがあると便利です。

◆噴霧器・霧吹きスプレー・・農薬散布に利用します。容量は比較的余裕をもって10〜20リットルぐらいのものが便利です。半自動式と手動式のものがあります。フーデニングでは、手動式のものが故障が少なくてオススメです。

そのほか、バケツ、ボール、手袋、はかりが必要でしょう。また、スコップでも代用できますが、大きな雑草を串刺しにして運ぶのにはホークが、種まき床や土ならしにはレーキ、など、少しずつそろえていくといいです。