手作り肥料

手作り肥料

手作り肥料についてご紹介します。

フーデニングブームもあり、園芸店などには様々な市販の肥料が売られています。作物ごとに、あるいは地域ごとに必要な成分を有機質肥料、無機質肥料共にバランスよく含んだもの(配合肥料)、扱いやすいように固形にしたもの(固形肥料)、また速効性のあるもの(液体肥料)など、ずいぶんと使いやすく、便利です。

しかし、やはりフーデニングでは、家庭にあるものを肥料に使用することもすばらしいでしょう。難しく考えなくても、日ごろ、生活のなかでお馴染みのものがすばらしい肥料になってきます。ぜひ、土作りから、肥料作りから、手作りしてみてはどうでしょう。

◆野菜くず・・・集めて植え穴に埋めておくと窒素肥料になってきます。
◆魚のかす・・・窒素、リン酸、カルシウムを含む理想的な肥料です。
◆米のとぎ汁・・・リン酸肥料の役割をします。水やりの代わりに使用してはどうでしょう。
◆雑草・木の枝・・・乾燥させて燃やすことで草木灰となり、カリ肥料として利用できます。草木灰は、速効性のカリ肥料です。元肥、追肥として利用します。
◆落ち葉・・・堆肥に混ぜ込むことで、土の通気性、水はけをよくし、理想的な培養土を作ります。
*細かく切り刻んだ稲わらに牛糞や鶏糞、米のとぎ汁などを足し加えて、充分に発酵させたものを「堆肥」といいます。これに、木々の落ち葉が堆積して腐り、土化した「腐葉土」を混ぜ合わせます。
*堆肥は、効果がゆっくりとしているので、必ず元肥として利用します。