肥料の種類

肥料の種類

肥料の種類はどのようなものがあるのかお話したいと思います。

フーデニングの成功の秘訣は、土づくりにあります。よく耕すことで土の通気性と水はけを良くし、肥料を施すことで栄養のある培養土を作ります。

肥料は大きく、有機質肥料と無機質肥料に分かれます。

◆有機質肥料・・・動物や植物を原料としてつくられた肥料です。野菜作りに大事な「五大肥料」のうち、窒素、リン酸、カリをちょっとずつ含むほか、微量要素も多少含んでいます。土の通気性や排水性をよくし、いわゆる「やせた土」に地力をつける働きがあります。

有機質肥料には、油かす、鶏糞、米ぬか、骨粉、牛ふん、魚かす、堆肥などがあります。堆肥というのは、細かく刻んだ稲わらに、牛糞や鶏糞、米のとぎ汁などを足し加えて、充分に発酵させたものです。この堆肥に、腐葉土(落ち葉が長年かけて腐り、土化したもの)を混ぜたものは、理想的な培養土となります。

◆無機質肥料・・・天然の鉱物を利用して化学的に作った肥料です。無機質肥料には、「単肥」(硫安、塩化カリ、など窒素やカリといった成分をそれぞれ単独で含む肥料)と、「複合肥料」(一般の化学肥料やハイポネックスなど、幾つかの成分を化学的に調合した肥料)があります。

その他
◆「配合肥料」
有機質肥料と無機質肥料を混ぜ合わせ、両者の特徴を併せ持つ肥料です。作物ごとに、あるいは地域ごとに適した配合割合がとられており種類が豊富です。

◆「固形肥料」
無機質肥料とピートを混ぜて固めたものや、有機質肥料を混ぜたものなど、種類があります。

◆「液体肥料」
水に溶かして使います。速効性があります。