種まきのしかた

種まきのしかた

今回は、「種まき」についての話題です。

まかぬ種は生えぬ! まさにその通りです。フーデニングの成功に第1歩は、種まきを無事にクリアすることにあります。そのためにはまず、優良な種を購入し、それぞれの野菜の種の特性を理解して、発芽しやすい環境をつくってあげることが大事です。

【種の購入】

病害虫のないものを選びます(信頼のおける種苗会社や専門店で、店の人に相談して購入しましょう)。種は常温で保存すると発芽能力が落ちますので、必要な量のみを買うようにします。

【種まきの方法】

野菜それぞれによって種の大きさや適したまき方に違いがあります。種まきには以下の方法があります:

◆点まき
直まきするときに用いる方法です。種が大粒で、野菜のひとつひとつが大きくなるもの、たとえば、大根や白菜などを、広い畑にまくのに適しています。
一定の間隔を取り、1ヶ所に3〜10粒ずつ種をまきます。

◆ばらまき
まき床全体にまく方法です。種が小さく、生育した野菜自体も小さいもの、たとえば、ホウレン草やネギなどの種をプランターにまくのに適しています。
むらなくまくコツは、ちょっと高いところからまくことです。

◆すじまき
畝にくわでまき溝を切り、適当な株間で種をまく方法です。種が大きく、発芽後に大きく生育する野菜に適しています。茎葉に光を多くあてることが可能です。キャベツなどに適しています。

◆千鳥まき
直まきする方法で、畑を有効利用することが可能です。株間を平均化し、日当たりも考えた、効率的なまき方といえるでしょう。