子供部屋のリフォームと収納家具

子供の事故の予防

今回は、「子供の事故の予防」についてです。

子供は日々、成長・発達していきます。
まだ、赤ちゃんであっても、手足を動かしているうちに、ずり上がってくることもあるので、ベビーベッドに寝かせる時には、必ず柵を上げておいて下さい。
また、柵があっても、体が移動した時に柵にぶつかることがあります。
赤ちゃんが怪我をしないようになっているかどうか、ベビーベッドを選択する際には確認をして下さい。
ベビーベッドの柵と敷布団の間に子供の顔が入るような隙間があると、顔がはさまって窒息する危険もありますので、隙間がないように使って下さい。
また、角のある家具が側にあるときには、クッションなどでカバーするなど、子供の近くを点検し、危険を防ぎましょう。

子供の指は、ほんの狭い隙間にも入り込んでしまいます。
ドアで遊んでいるうちに、急にドアが閉まって指をはさむことがないよう、ストッパーなどで固定するなど、子供の怪我を防止して下さい。

子供用の商品、ベビー用品がすべて安全なものとは限りません。
子供部屋のインテリアなどを選択する際には、デザイン性ばかりでなく、安全性・耐久性の重視が大事です。
商品を選択する際に、SGマーク、STマークなどの安全マークがついているかどうかが判断の基準の1つとなります。
しかし、安全マークがついていても、使い方を間違えると事故が起こりやすくなります。

子供部屋のインテリアを選択する時には、表示や説明書をよく読み、品質などをよく確認して選び、使って事故を予防しましょう。

スポンサードリンク