子供部屋のリフォームと収納家具

子供部屋の照明

今回は、「子供部屋の照明」についてです。

子供部屋は遊んだり、勉強する場所なので、照明を選択する時にはそのことを考慮しなければなりません。
子供が小さい間は、子供部屋でボールを投げて遊んだりします。
万が一、何かが照明に当っても怪我がないように、全体照明は、ペンダントライト(天井からコードやチェーンなどで吊るしている照明)などデザイン性の高いものを避けて、平らなカバーのついたシーリングライト(天井に直付けする照明)を選択するようにしましょう。
また、割れにくい商品や、飛散防止加工された照明を選択するのも良いでしょう。

小学校高学年になってくると、勉強時間が増えるので、学習机のスタンド照明をよく使用するようになってきます。
全体照明のみでは、勉強する手元に影ができてしまうため、手元を照らすための照明が必要となるからです。
ただし、スタンド照明のみでは、視力低下につながってしまいます。
必ず、部屋の明かりとスタンド照明、両方をつけて勉強させて下さい。

子供部屋は寝室としても利用しますので、就寝時には、全体照明を消してスタンドや、間接照明を使い、リラックスできる環境を整えると良いです。
子供部屋のインテリアとして、子供部屋用の照明はさまざまな種類が販売されています。
シーリングライトにも、子供部屋用のデザイン商品として、動物やカラフルな飾りがついたものや、メロディの流れる商品が発売されています。

子供部屋のインテリアとして、子供の目や健康に優しい照明を、是非選んで下さい。

スポンサードリンク