子供部屋のリフォームと収納家具

子供部屋と絵本

今回は、「子供部屋と絵本」についてです。

子供が生まれると、子供のための絵本がどんどん増えてくることでしょう。
絵本は、子供と親とのコミュニケーションにもなりますし、子供は想像力を膨らませます。
そして、見ているのみでも楽しい絵本は、素敵な子供部屋のインテリアとなります。
取り出しやすい位置に、絵本を並べてすぐ読めるよう、収納を考えましょう。
子供が小さいうちは、下の位置に本を並べておくと、上からの落下を防止することもできます。

子供に人気の絵本をいくつか紹介します。
皆さんも一度は読んだことがあるかもしれません。

・ぐりとぐら
シリーズになっている、ねずみのぐりとぐらのお話。
おいしそうな大きなカステラを見ると、読んでいる方も食べたくなってきます。

・いない いない ばあ
いない・いない・ばあ、と言った場合の子供の反応を見るのが楽しくて何度も読んでしまう本。

・はらぺこあおむし
カラフルなくいしんぼうのあおむしは、様々なものを食べて大きくなります。
穴あきの仕掛け絵本です。

・ちいさいおうち
ちいさいおうちの周りは、のどかな田舎から都会へと変わってしまいます。
ちいさいおうちは、田舎の景色を懐かしく思うのです。

・エルマーのぼうけん
りゅうの子を助けに冒険に出かけるエルマーの物語です。
わくわく・ドキドキしながら読める本。

・きんぎょがにげた
逃げ出したきんぎょはどこに隠れているのでしょうか?
親子やお友達とも楽しめる絵本。

様々な絵本を親子で楽しむために選んで、素敵な子供部屋のインテリアにしてしまいましょう。

スポンサードリンク