子供部屋のリフォームと収納家具

西日の当る子供部屋

今回は、「西日の当る子供部屋」についてです。

皆さんのご家庭では子供部屋は、どこにあるでしょうか?
西日の当る場所に子供部屋があると、夏はとても暑く、勉強どころではなくなります。
どういう工夫をすれば快適に過ごせるか、考えてみましょう。

熱を遮断するガラスには遮熱複層ガラスがあります。
複層ガラスは、2枚のガラスの中に空気層があり、そのために熱がそのまま伝わらない構造になっています。
その構造のおかげで、冬は暖房の熱が外に逃げず、夏は暑い外気が室内に伝わりにくくなっています。
外気が直接当らないので、結露も防ぎます。

遮熱複層ガラスは、室外側のガラスに特殊金属膜があり、夏は熱を反射して室内が暑くなるのを防ぎます。
冬は、暖房の熱を反射し、室内の温度が下がるのを防ぎます。

このように、ガラスによって室内の環境を変えることが可能です。
また、夏はすだれやよしずを使用して、日よけにして、庭に落葉樹があれば夏は日をさえぎり、冬は日光が入ります。
そして、窓ガラスには、子供部屋のインテリアとして、カーテンなどの色や機能を考えて選択するとよいと思われます。
カーテンにも遮熱カーテンがあります。
外部の光を遮断する遮光カーテンも遮光率によって3種類のタイプがあります。
また、ミラーレースという外から室内が見えにくく、紫外線防止効果もあり、冷暖房の効果が上がる素材もあります。

ブラインドも西日対策には有効です。
しかし、折れ曲がりやすいので、小さなお子さんのいる部屋に取り付ける際には、注意してください。
掃除のしやすさなどを考慮して、カーテン、ブラインド、ロールスクリーンの選択を考えて下さい。
そして、エアコンに頼らない、快適な子供部屋のインテリアを考えて下さい。

スポンサードリンク