子供部屋のリフォームと収納家具

子供部屋のカーテン

今回は、「子供部屋のカーテン」についてです。

子供部屋のインテリアとして、カーテンもかかせないアイテムです。

カーテンの種類は、大きく分けて厚地のドレープカーテンとレースカーテンの2つです。
カーテンは、レース以外のカーテンをドレープカーテンと呼んでいます。
ドレープとは、布の重さによって自然にできる「ひだ」のことです。
日本では、厚手の室インテリア飾のためのカーテンを指します。
多くの家では、ひとつの窓でレースカーテンのドレープカーテンを2重に吊るしています。
ドレープカーテンはレースカーテンに比べて遮光、遮熱、装飾性に優れています。
ただし、レースカーテンの方が使用頻度は高くなるでしょう。
子供が小さいうちは汚れやすくなるので、カーテンは洗濯のしやすい素材を選び、レールからの取り外しのしやすいものを選びましょう。
遮光率、洗濯可能かどうかを確認しましょう。
その他、静電気防止加工のある生地、ホルムアルデヒドを吸着させ除去するものもあります。
子供部屋には、子供に合ったカーテン生地を選んで下さい。

また、カーテンのみでなく、カーテンレールも子供部屋のインテリアとなります。
一般のカーテンレールの他、木製や金属製のポールを利用した装飾レール、窓の形に合わせる加工レールがあります。
カーテンを束ねるタッセル、カーテンを吊るすフックの装飾などカーテンの装飾には、様々な種類があります。
子供が小さい間は、子供がカーテンやカーテンレールにぶらさがって、カーテンが破れたり、カーテンレールが落ちてしまう場合もあるので、その点も考慮して、安全で素敵な子供部屋のインテリアを選びましょう。

スポンサードリンク