子供部屋のリフォームと収納家具

悪質リフォーム業者

今回は、「悪質リフォーム業者」についてです。

子供部屋の内装を考える際に、リフォームは1つの方法です。
しかし、子供部屋のみでなく、家のリフォームでの悪質リフォーム被害が毎年各地であります。
悪質リフォーム業者による被害には、どのようなものがあるのかを知っておきましょう。
不満足なリフォームに終わらないためにも、これから先の生活で悪質業者の被害に合わないためにも情報を得るように普段から心がけましょう。
消費者被害の情報は、国民生活センターのホームページなどで紹介されています。また、新聞や報道で知ることもできます。

悪質リフォーム被害が多いのは高齢者世帯です。
屋根の瓦がはずれている、床下が腐っているなど、嘘を言って必要のないリフォームをして、又は、リフォームをしたように見せかけて高額の料金を請求します。
アスベストが使われているので、早急にリフォームする必要があると言って契約を迫る新手の事件も起こっています。
もし、契約をしてしまっても、訪問販売や電話勧誘販売ならば、契約書類を受け取った日を含め8日以内ならば、クーリング・オフができます。
クーリング・オフすれば、契約は無効となるので、すでに工事が始まっていても代金を支払う必要はありません。
また、クーリング・オフ期間が過ぎていても、嘘を言っての契約や、とても支払えないような高額な契約は、契約解除ができますので、あきらめないで、消費者センターなどに相談して下さい。
業者の言うことをうのみにせず、契約は慎重に行い、不審な点があったら契約はしない、消費者センターに連絡するなどの対処が必要です。

リフォームに関する相談は、各都道府県・政令指定都市にリフォーム相談窓口や、財団法人住宅リフォームの紛争処理支援センターの電話相談窓口などがあります。
素敵な子供部屋のインテリアの実現のためには、是非納得がいくリフォームをして下さい。

スポンサードリンク