妊娠の初期症状

サイトマップ

妊娠初期の症状

スポンサードリンク

妊娠初期は、どのような症状が現れるのでしょうか?

妊娠初期というのは、妊娠0週から15週までの呼び方です。
月で言うと、妊娠0週から3週を1ヶ月目。
妊娠4週から7週を2ヶ月目。
8週から11週を3ヶ月目で、12週から15週が4ヶ月目になるのです。

実際の妊娠0週目というのは、最終月経の1日目から計算するのでこの段階では妊娠しているとは言いません。
確実な妊娠初期に入るのは、妊娠3週目からなのです。

妊娠0から3週目は、ほとんどの人が妊娠したことに気づきません。
3週から受精卵が子宮に着床して妊娠した状態に入るので、妊娠検査薬をやってみても反応が出ません。

妊娠4から7週目に入ると、妊娠検査薬に反応が出るようになってきます。
お母さんの外見には変化が出ませんが、体の中での変化が出始める頃なのです。
早い方だと、この場合につわりの症状が出ます。
基本的には、生理が止まったり基礎体温が上がるなどの症状が少なくありません。

妊娠8から11週目になると、妊娠に気づく方が多いようです。
この時期にはっきりと症状が出始めます。
下腹部がにぎりこぶし程度ふくらみ始め、またつわりも本格的になってきます。
つわりがない方もいますが、ほとんどの方がつわりの症状が出るでしょう。

また、トイレに行く回数が増えたり胸や下腹部に張りが出てくるのです。
つわりが酷い方ですと、歯磨きもできないし、お米を炊いた匂いさえ吐き気を感じてしまいます。
食べる事すらできなくなる人もいるようです。
つわりは、赤ちゃんが育っていくうえで、お腹の中で体が作成されるために起こることなので心配はいりません。

スポンサードリンク