妊娠中の薬

妊娠中の薬

スポンサードリンク

今回の注意事項のテーマは、「妊娠中の薬」です。

妊娠中の薬の服用は、妊娠後期の時期に入れば服用しても特に問題はありません。
薬の服用を控えた方が良いのは、妊娠4週から7週目の間です。
妊娠4週から7週の間は、お腹の中の赤ちゃんに大事な器官が作られている場合です。
この場合に薬を服用してしまうと、器官や機能に奇形を起こす可能性があるのです。
妊娠8週から15週目も慎重に服用するのが良いでしょう。

市販で売られている風邪薬は服用するのを控えた方が良いでしょう。
必ず病院で処方してもらうようにして下さい。
市販で売られている風邪薬で、唯一気をつけたいのはビタミンAが含まれている薬です。
妊娠4から7週目に大量に服用してしまうと、催奇形性があると言われているのです。
催奇形性があるという薬には、抗てんかん剤や抗がん剤などがあります。
ですから、必ず病院で処方してもらう時も「妊娠している」と必ず告げるようにして下さい。

また、車酔いの薬は服用しても問題ないでしょう。
酔い止めの薬の成分は、喘息などで使われているジプロフィリンが入っているので妊婦さんでも服用できるのです。

湿布やぬり薬は問題はないでしょう。
でも、お腹に直接湿布を貼ってしまうと冷えてしまうので、お腹には使用しないで下さい。
また、赤ちゃんのお父さんが薬を服用していたときをお話します。
基本的には、お父さんが薬を服用していても受精する場合に選択される精子は1番元気なものですので問題はありません。
奇形が起こることは、まずないでしょう。

薬を服用するときは、まずかかりつけの医者に相談してから服用するようにするのが1番安心です。

スポンサードリンク