働きに出ること

働きに出ること

スポンサードリンク

妊娠したら、どのくらいまで働けるのでしょうか。また、働く時の注意すべきことはどのようなことなのでしょう。

今の時代、働いている女性は珍しくありません。
しかし、妊娠してしまった時どうすれば良いのか?

妊娠中の仕事は、力仕事などのハードな仕事以外はすぐに辞める必要はありません。
妊娠したときは産休が貰えますし、今の時代出産した方の職場復帰は多いです。
妊娠初期のときには、なるべく早く上司に言うべきでしょう。
初期になるとつわりも始まる方が少なくありませんし、仕事に集中もできなくなります。
また、妊娠した方で不安な職種はパソコン関係の仕事です。
パソコンの画面から出る放射線(電磁波)の量は、ごく少量なのでお腹の中の赤ちゃんに影響することはほとんどありません。

ただ、ずっと同じ体勢でいたり目が疲れたり肩がこったりするときは途中で休憩を入れると良いでしょう。
妊娠中の仕事の長時間勤務や力仕事をしている方は早産のリスクもあるので早めに産休を取るのが良いです。

妊娠中に産休する方は、社会保険に加入していれば産休中の給料60%が貰えます。
しかしこれは、産休してから6ヶ月以内に出産した方だけで、国民健康保険に加入している方は貰えません。

妊娠していると、どうしても自分の思いとおりに仕事ができません。
また、お腹の中に赤ちゃんがいるので疲れやすく集中もできなくなるでしょう。
そのようなときやつわりが始まったときには、早めに産休を貰うか仕事を退職するのが良いでしょう。

妊娠中は、自分ひとりだけの体ではないので無理をしてはいけません。
体に差し支えないよう仕事をするのが良いでしょう。

スポンサードリンク