妊娠中期2

妊娠中期2

スポンサードリンク

もう少し妊娠中期について見てみましょう。

妊娠中期の頃は、安定期とも言われています。
つわりも治まる方が多いのもこの時期なので、妊娠中期にやりたいことをやっておくと良いでしょう。
出産すると、お母さんは虫歯になりやすくなります。
赤ちゃんに栄養がいってしまうので、どうしてもカルシウムが不足しがちになってきます。
その為、出産後に虫歯になるお母さんが多いのです。

妊娠中期の場合に、歯医者で歯を見てもらっておくのが良いでしょう。
妊娠後期に入るとお腹が大きくなって体にも負担がかかってしまいます。
中期ならまだ体が負担になりませんので、ぜひこの時期に治療をしておくのが良いでしょう。

女性なら「毎日綺麗でいたい」というのが本音です。
市販で売っているヘアカラー剤やパーマ剤に「妊娠中の方は使用を控えて下さい」というのが書いてあります。
妊娠中は肌や頭皮が弱っているので、荒れる可能性があるから書いてあるのです。
妊娠中に髪の毛を染めたりパーマをかけたりする事で、障害のある子が産まれてくる可能性はとても低いです。
髪の毛を染めたり切ったりするのも、中期のうちにやっておきましょう。

中期になると妊娠線が出てくる方も多いようです。
妊娠線はお腹が大きくなるにつれ、どんどん目立ってくるようになってしまいます。
産後もなかなか消えることが難しいのです。
妊娠線が出る前の初期の場合から、食事に気をつけて体重増加は8キロから10キロに抑えましょう。
また、今では妊娠線を出しにくくするクリームも売っています。
初期の場合から、お腹にクリームを塗っておくと良いでしょう。

妊娠線はお腹や太もも・胸・背中に出てくることもあるので、妊娠線予防に全身をよく塗っておくと出にくくなります。

スポンサードリンク