ノンストレステスト

ノンストレステスト

スポンサードリンク

今回のテーマは、「ノンストレステスト」についてです。

ノンストレステストとは、妊娠中にストレスのない状態でお腹の中の赤ちゃんが元気か、お産に耐えられるか検査することです。
妊娠している方は、後期に入ると誰でもこのノンストレステストをします。
早く言えば、赤ちゃんの心拍を調査するテストです。

ノンストレステストは妊娠の経過が順調なとき、34週から37週の間に行われます。
妊娠中毒症や糖尿病などの問題があるときは、早い時期からの検査を行うのです。
では、どのように検査を行うのか。
ノンストレステストは分娩監視装置という機械を使用し、お腹に2種類のセンサーをつけます。
1つは、お腹の中の赤ちゃんの心拍を取るセンサーで赤ちゃんの心拍が1番よく聞こえる位置に付けます。
もう1つは、子宮の収縮を取るセンサーで子宮底あたりに付けます。
この検査は30分から40分かかりますが、どこの産婦人科も横になりながら検査するので体に負担はかかりません。
妊娠後期頃の赤ちゃんは、20分おきくらいに寝たり起きたりを繰り返します。
寝ている時の心音と起きている時の心音の両方を確認しますので、30分から40分かかるという訳です。

このノンストレステストは、2つのセンサーをつけることによってグラフで心音と子宮収縮を記録します。
赤ちゃんの心拍数は通常120から160回です。
グラフにギザギザが多いほど、お腹の中の赤ちゃんは元気なのです。
このテストで、赤ちゃんに元気がなかったり胎盤の機能が落ちているときは入院や再検査、出産時は帝王切開になるときもあります。

スポンサードリンク