双子を妊娠したら

双子を妊娠したら

スポンサードリンク

双子を妊娠したら、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか?

双子を妊娠している方も世の中にはたくさんいらっしゃいます。
お腹の中に2人いるのですので、通常妊娠の2倍もの負担がお母さんにかかるのです。
双子を妊娠したときの注意点をいくつか挙げます。
まず、双子を妊娠して1番多いのが貧血です。
双子のとき、それぞれがお母さんの血液を必要としますから、お母さんの体から鉄分がどんどん吸収されていってしまうのです。
貧血予防のためにも、食事の中に大豆やほうれん草・アサリ・シジミ・ひじきなどの食物を多く取り入れるようにしましょう。

そして、双子の妊娠で最も気をつけておきたいのが早産です。
双子を妊娠したときは、安定期がないものと考えても良いでしょう。
狭い子宮の中に2人も身ごもっているのですので、子宮は常に緊張してしまい伸びきってしまいます。
そのため早い時期から陣痛が起こってしまい、お腹の中の赤ちゃんが未熟児で産まれてくる可能性が高いのです。
早産は、赤ちゃんに何かしらの障害が出てくる可能性も高いのです。
双子を妊娠していたら、絶対に安静と無理をしないこと。
そうすれば、早産のリスクも減少するでしょう。
場所によっては早い時期から入院させる産婦人科もあります。

双子には2種類あります。
1つの卵子に1つの精子で受精してできた受精卵が2つに分かれる「一卵性」。
2つの卵子にそれぞれ別の2つの精子が受精する「二卵性」です。
双子を妊娠した方の多くが二卵性なのです。

双子を妊娠したら、普通妊娠とは違いますから危険を伴うことの多い妊娠です。
合併症に気をつけて妊娠生活を送って下さい。

スポンサードリンク