妊娠後期

妊娠後期

スポンサードリンク

今回は、「妊娠後期」についてご説明します。

妊娠後期は、28週目から出産までのことを言います。
月で表すとだいたい妊娠8ヶ月からのことです。

妊娠後期になれば、例え早産になっても赤ちゃんが生存できるのです。
妊娠7ヶ月目くらいになれば赤ちゃんにも生存できる機能が全てできているので安心できます。
後期に入ると、急に甘い物が食べたくなったりします。
妊娠線が1番出やすい時期なので気をつけましょう。

この時期になると、体重の増加も気になります。
出産前だからといって油断してはいけません。
後期に入ると、体重が急激に増加しますので、1ヶ月に2キロ以内に収めましょう。
あまり増えすぎてしまうと、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病を起こすもととなります。

妊娠8ヶ月ごろになるとよく耳にするのが、尿蛋白や浮腫・高血圧です。
後期から、糖尿病の検査や浮腫などの検査もしますので食事に気をつけて塩分の取りすぎにも控えましょう。

妊娠9ヶ月目に入ると、出産も間近になってきます。
9ヶ月に入る頃なら、もういつ産まれても問題ありません。
この時期は睡眠不足になる方も多いようです。

後期に入ると、どうしても頻尿になるものなのです。
頻尿の回数がひどいときは、5分置きにもなります。
また、痔になってしまう方もいますので、充分な睡眠を心がけて下さい。

妊娠10ヶ月になることを臨月と言います。
10ヶ月にもなればお腹がだいぶ下にさがり、とても体に負担がかかります。
後期は、重い荷物を持ったり無理をすることはよくありません。
臨月に入ればいつ産まれても良い状態ですから、良く歩いて赤ちゃんを下にさげてあげて下さい。
そうすることによって、安産で産まれてきます。

スポンサードリンク