人工妊娠中絶

人工妊娠中絶

スポンサードリンク

今回は、「人工妊娠中絶」についてです。

人工妊娠中絶とは、人工的な方法で流産させてしまうことを言います。
日本では、「母体保護法」という法律によって中絶での条件が決められているのです。
経済的に育てていけなかったり、母体に何かしらの理由があったとき。
そして、レイプや自分が望まない性行為で妊娠してしまったときです。
人工妊娠中絶は、赤ちゃんが外で生きていくことができる妊娠22週目以降は中絶できません。

今の時代は、何も計画せずに自分だけの考えで性行為を行う方が増えています。
中学生での妊娠・誰とでもセックスをしてしまう・避妊をしないなど・・・。
妊娠してしまって、育てていけないからといって手軽に中絶するのはよくありません。
お腹の中に命が宿っているのですので、それを殺してしまうことで人殺しと同じです。
妊娠してしまうと困るという方は、必ず避妊をすることです。

10代での人工妊娠中絶は約4万件・20代では約14万件・30代では約11万件になっています。
軽々しく中絶をしたときでも、中絶したあとの女性は必ず罪悪感や自己嫌悪に陥りやすいのです。

男性側も、中絶をした女性がどういうに辛いかわかってあげることも大切だでしょう。
必ず心のケアをしてあげて下さい。

人工妊娠中絶をした方は、必ず水子供養をしましょう。
水子とは、流産・死産・中絶などで産まれてくることのできなかった赤ちゃんのことを言います。
水子供養のお寺で供養してあげたり、自宅でお菓子をお供えしてあげるのも良いでしょう。

望まない妊娠の原因は色々ありますが、自分の責任での中絶は1番よくないことですので必ず避妊をするようにして下さい。

スポンサードリンク