人工妊娠中絶2

人工妊娠中絶2

スポンサードリンク

人工妊娠中絶についてもっと詳しく見てみることにしましょう。

人工妊娠中絶とは、どのようなことをして中絶するのかお話したいでしょう。
今の時代、薬のみで手軽に中絶できてしまう物もあります。
しかし、中絶の薬は母体に後遺症が残るときもあるのです。
人工妊娠中絶のかかる費用は、だいたい10万円ほどです。
「誰にも言えない・中絶するお金がない」などの理由で薬に頼るのは自分の体を傷つけることになってきます。
必ず、病院で中絶するようにして下さい。

人工妊娠中絶の手術は、妊娠初期と妊娠中期では方法が違ってきます。
初期のときは、手術しやすいように子宮口を広げるための器具を入れます。
人によって痛みが出る方もいます。
麻酔をして、人工妊娠中絶をします。
麻酔が効いている間は痛みも感じませんし、気づくと終わっていることが少なくありません。

また、妊娠中期での手術のときは赤ちゃんが成長していますので人工的に陣痛を起こして処理します。
場合によっては、産声をあげる赤ちゃんもいますが、外で生きていく為の力がないのですぐに死んでしまうのです。
中絶をしたあとには、生理痛に似た痛みが出てきます。
痛みがないと出血も止まりません。
この出血は1週間程度で治まるでしょう。

初期のときの中絶は、手術したその日に帰宅できますが、中期のときは2?3日入院が必要です。

人工妊娠中絶でのリスクと後遺症があるのをご存知でしょうか?
中絶をしてしまうと、不妊症になったり子宮外妊娠・流産など・・・。
中絶は、これから先妊娠したくてもできなくなる可能性もあるということを良く記憶しておくのが良いでしょう。
避妊をすることを第一に、きちんとしたセックスをして下さい。

スポンサードリンク