初心者のための簡単お菓子レシピ

みたらし団子

今回のお菓子はみたらし団子です。

甘辛いタレがおいしいみたらし団子を手作りしましょう。
現在ではすっかりおなじみのこの団子、京都の加茂みたらし茶屋が発祥です。京都の下鴨神社境内の御手洗池(みたらしのいけ)の水泡を模して作られたのだそうです。
びっくりするくらい簡単に手づくりできます。上新粉だけでは堅くなりがちなので、白玉粉を加えるところがおいしさの秘訣です!

★お菓子 手作りポイント!
・上新粉に白玉粉を混ぜることで、お団子が固くなるのを防ぎます。
・上新粉には熱湯を用いることで、早く糊化し、まとめやすくなると共に、白玉粉とも交わりやすくなります。

◆材料(4人分・・・8串)
・上新粉・・・200g
・熱湯・・・1カップ弱
・白玉粉・・・30g(上新粉の15パーセントが目安)
・水・・・大さじ2

*タレ
・砂糖・・・大さじ6
・水・・・大さじ4
・しょうゆ・・・大さじ2
・片栗粉・・・小さじ2

◆つくり方
1.ボウルに上新粉を入れ、熱湯を加えて箸を使ってかき混ぜます。
2.1に、分量の水で溶いた白玉粉を加え、手でこねてまとめます。
3.蒸し器にぬれ布きんを敷き、2を4つにちぎって並べ、15〜20分蒸します。
4.3が蒸しあがったら、ひとつにまとめ、水に少しつけてあら熱をとります。
5.4を小さく丸めて3個ずつ串に刺します。
6.熱した網の上で表面に少し焼きめをつけます。
7.タレの材料を合わせて弱火にかけ、とろりとするまで煮詰めます。
8.6にタレをたっぷりからめていただきましょう。

スポンサードリンク