やさしい園芸講座

園芸用グローブ

ガーデングローブは、もっとも必要な園芸グッズです。
もちろん素手で行うこともできますが、手荒れや作業のしやすさを考えると、やはり、グローブは必需品です。

園芸用品店に行くと、いろいろなグローブがあります。
選び方のポイントはいくつかあります。

必ず目がつんでいる物を選んで下さい。
園芸用品としてのグローブはどれも目がつんでいて、土が入らないようになっていますが、一般的な軍手は、目が荒く、土が内側に入ってきてしまいます。
これではグローブをしている無意味です。

手首の部分も、チェックして下さい。
土が入ってこないよう、手首がしっかりゴム編みなどになっているものを選んで下さい。

また、できれば手のひら側にゴムの斑点などが付いた、滑り止め付のものを選びましょう。
水で濡れているとき、鉢などを持った時に手が滑ってしまうことがあります。
雨が降った時や、水やりの後など、濡れている鉢を扱うことは意外に多いものです。
大切な鉢を落として割ってしまうことのないように、滑り止めが付いていた方が安心です。

手荒れが気になっている人には、手荒れを防ぐ効果があるグローブもあります。
グローブの内側にアロエなどがコーティングされており、使用した後に手がすべすべになってきます。手荒れの原因である、菌の繁殖も抑えられていて、嬉しい機能です。

また、薬を扱う場合のグローブや、バラなど、とげのある草花を扱う時のグローブなど、用途に応じたグローブもあります。
素材やデザイン、値段も様々です。

ついつい見た目の良いものを選んでしまいそうですが、やはり、使いやすさに重点をおいてグローブ選びをして下さい。