やさしい園芸講座

ガーデンシューズ

庭などで園芸を行う場合は、ガーデンシューズも必要になってくるでしょう。
ガーデンシューズは、園芸専用の靴です。
ポリ塩化ビニールや樹脂製など、防水性のある素材でできています。

脱ぎ履きもラクにできるようなデザインになっており、園芸には一足あると便利ですが、庭仕事になると園芸シューズだとちょっと役不足でしょう。

庭仕事には、やはり長靴が便利です。
最近は、園芸を楽しむ人が増えているので、小花柄やチェックなど、可愛いお庭用の長靴もたくさん売っています。

ガーデンシューズは、防水処理がされているかどうかチェックしてから購入するようにしましょう。
かわいらしさだけにとらわれていると、見た目がガーデンシューズっぽいものもありますので、注意して下さい。

園芸作業は、濡れている中での作業が意外に多いので、靴が濡れて足まで濡れてしまっては、園芸どころではなくなってしまいます。

園芸シューズは、靴底の柔らかいものを選択すると作業がラクになってきます。
自分の体の一部とまではいかないかもしれませんが、やはり履きやすさは、チェックして選びましょう。
靴底が固いと、足に負担がかかってしまいます。

また、ウエットスーツに使われているネオプレンゴムを使ったものもあります。
縫い目も内側からふさいでいます。素材がとても柔らかいので、足を曲げても痛くなったりしません。
ソールは、地面の感触がわかるようにと薄くできています。また、靴の中に土が入らないようにコントロールできるようになっています。
こんなのだと、作業がとてもラクにできそうです。

デザインも、普通の靴とあまり変わりがないものや、かわいいものもたくさんあるので、離れた場所にある庭に行くときにも履いていけます。

園芸用品店にいくと、おしゃれなものが多くて、きっと欲しくなってしまうでしょう。