やさしい園芸講座

園芸ウェア

みなさんは、園芸用にどのような格好をしていらっしゃるのでしょうか。

直射日光を遮り、とはいえ、あまり暑くなく、汚れてもいい、だけど見た目が少しいい・・・
いったい、どういう格好でやればいいのでしょうか。迷います。

園芸ウェアといえば、まずガーデンエプロンなのですが、エプロンをしてやっている人はあまり多くないでしょう。

ですが、普段の格好でも、少し腕まくりをして、エプロンを付け、帽子をかぶって長靴やガーデンシューズを履くと、少しした園芸ウェアになってしまいます。
エプロンをするのもどうかと思う人もいるでしょうが、園芸用のお花のついたものから、男性でも身につけられる、モスグリーンが渋いビニールコーティングされたものなど、いろいろありますので、一度園芸グッズのお店などを見てみては如何でしょう。
グローブや長靴などとおそろいにするとさらに素敵です。

エプロンは、ポケットがたくさん付いていると便利かもしれません。

園芸用のタオルマフラーというものもあります。
首に巻いておくと、虫にさされたりする心配もありませんし、日焼けを防止することもできます。
吸水が早く、汗をすばやく吸い取り乾燥させますので、汗のベタベタを防いでくれます。
あと、ひざパッドなどもあります。汚れを心配しているより、あらかじめひざパッドをつけておいて、どんどんひざをついて作業すれば、能率もアップです!

もちろん、グローブより上の部分を保護する、アームカバーもあります。
UVカット素材でできたものがあるとさらに便利です。

ガーデングローブも花柄のなどたくさんありますので、別に園芸用のみでなくとも使いたくなってしまいます。

普段着に、これらの小物を合わせて、園芸を気軽にはじめて下さい。