やさしい園芸講座

コンテナの種類

最近は、園芸用品店に行くと、本当に色々なデザインのコンテナが揃っています。
お花の雰囲気や、インテリア、お庭のテイストに合わせて選択することが可能です。

苗選びももちろんですが、苗を植えるコンテナ選びも、寄せ植え作りの楽しみの1つです。

コンテナの素材には、樹脂、素焼き、木、陶器、サンドプランター、ハンギングバスケットなどに使われているヤシ柄マットなどもあります。

樹脂は、軽くて割れにくく、値段もお手ごろです。しかし、蒸れやすいという難点があり、植物によっては向かないものもあります。風通しの良い場所で使用した方がよいです。
素焼きは、粘土を焼いたもので、独特の色と、温かみを持った鉢です。テラコッタとも呼ばれます。
通気性は良いのですが、そのため土が乾燥しやすいので、これも植物によっては合わないものもあります。

木製は、通気性が良く、自然な草花が似合います。ナチュラルな感じがどなたにでも好まれます。排水口のないものは底に穴を開けて使用して下さい。

陶器は、重くて割れやすいので気をつけなければなりませんが、デザインがとても豊富にあります。通気性がないので、樹脂とおなじように、蒸れやすいので気をつけましょう。
サンドプランターは、砂を焼き固めたものです。丸く、浅い形が少なくありません。値段はちょっと高めになってしまいますが、耐久性があり、水はけが良いです。
こちらも自然な草花が良く似合います。

デザインはいろいろですが、初心者には、草丈の低い、扱いやすい花とのバランスがとりやすいので丸くて浅い鉢がおすすめです。