やさしい園芸講座

寄せ植えに必要な道具

コンテナを使用したお花の寄せ植えに挑戦する場合の必要な道具についてみてみることにしましょう。

花壇のお花も素敵ですが、コンテナを使用して、玄関先などにお花を置いてみては如何でしょう。ぱっと華やかになってきますよ!

季節の花を使用して、素敵なプランターに寄せ植えを作成してあるお宅を見ると、園芸もかなり上級者だなというイメージがあります。
初心者にも手軽にできますので、是非チャレンジして下さい。

まずは、寄せ植えに必要な道具をそろえましょう。
コンテナ、花の苗、用土、肥料、底石、ネットなどです。
他にシャベルや土入れなどが必要です。

園芸用品店に行くと、様々な道具があります。最初は基本的なものを揃えましょう。自分の手となじむもの、使いやすいと思うものを購入するとよいと思われます。

土入れは、というのは、シャベルと似たようなものですが、筒のような作りなので、土をたくさんすくいやすく、狭い部分に土を入れ込んで行くときにべんりです。
シャベルでも十分ですが、土がバラバラと回りに落ちてしまうこともあります。

コンテナは、園芸用品店に、いろいろ売っています。。素材やデザインもさまざまなので、選択するのも楽しいでしょう。

初めての人は、あまり珍しい形のものでなく、普通の鉢を使用すると良いでしょう。
花の苗の大きさや数によって、大きさを選びますが、素焼きのもの、角ばった四角いもの、いろんなペイントが施されたものなど、好みでいいでしょうが、基本的な鉢をとりあえず買ってみましょう。
鉢皿とおそろいのものもあるので、そういうのも素敵です。

鉢底の穴には、土が出ないようにと、虫が入らないように、ネットをしきます。
ネットは、専用に売っていますが、どのようなものでもいいので、果物が入っていたネットを小さく切って代用してもかまいません。
そのあと、水はけを良くするため底石をちょっと引き、適当に土を入れてから、苗を植えます。

苗を植える前に、一度ポットに入った状態(買ってきた状態)の時に、バランスを見て配置を決めておきます。
こうしておくと、スムーズにできます。