やさしい園芸講座

コンテナキャリー

とても便利な園芸用品の中にコンテナキャリーがあります。

コンテナキャリーとは、鉢植えを上に乗せておく移動式の台のことです。
ワイヤーや、鉢皿の下にキャスターが付いているものです。

一般的には、スチールなどの素材のワイヤーにキャスターが付いているものが多いのですが、同様なもので、鉢皿にキャスターの付いたキャスタープレート、キャスター付鉢皿などもあります。

日中と夜、日光によって、季節的なものにより場所を移動する必要がある花や木などを乗せておくと移動がとてもスムーズです。

また、お部屋の中でちょっと大きめの鉢などを上げておくと、お掃除する場合はとてもラクです。

屋外にコンテナを置いてあるときは、下に虫が集まってしまいますが、キャリーに乗せておけばそういう心配もありません。

また、直接地面に置かないことにより、地面の温度変化を直に受けませんので、植物のためには良いでしょう。

100円ショップなどに、キャリーが売ってますので、受け皿を取り付けたり、ワイヤーグッズも充実しているので、自分でも作ることもできます。

市販のものだと、なかなかジャストサイズに出会うのは難しいかもしれませんので、よりこだわる人には、手作りもお勧めです。

また、お値段は張るのですが、鉄製のアンティーク調のコンテナキャリーもあります。デザインがとても素敵で、使えば使用するほど味わいを増してくること間違いなしです。