やさしい園芸講座

土壌酸度計

土壌酸度は元気な花や作物を育てるためのポイントになります。

植物の生育に適した土壌酸度というのがあります。植物の養分の吸収に、土の酸度が大きく影響を与えます。

土壌酸度とは、土の中の水素イオン濃度のことで、水と同様にpHで表します。
中性はpH7です。
日本の気候は雨の多いため、雨で石灰カルシウムや苦土(くど)マグネシウムが流出しやすく、ほとんどの地域が酸性土壌です。

酸性の土では作物はよく育ちません。土が酸性になると根の細胞をこわしてしまったり、根が大事な肥料のリンを吸収できなくなるといわれています。

花や野菜によって、酸度の好みが違うので、それぞれ最適な酸度にしてあげることにより、花はより美しく、野菜はより元気に育ちます。

ローズマリーやラベンダーなどのハーブ類は、弱アルカリ性を好みますが、ブルーベリーやエリカなどは弱酸性がいいようです。

野菜もそれぞれで、じゃがいもはpH5.0〜6.5の中酸性でよく育ち、ほうれん草や玉ねぎは酸性の土には弱い作物です。

弱酸性にしたいときには酸度コントロールしていないピートモスを混ぜ込み、弱アルカリ性にしたい時は石灰を混ぜてみましょう。

でも土を見たのみでは、土壌酸度がどれくらいかは分かりません。

土壌酸度を手軽にチェックできる酸度測定液、センサーでpHを計るpHメーターが市販されていますので、畑の土の酸度を測定してみましょう。

土壌酸度計は、土の中に差し込んでしばらくすれば、指針の動きから一目で酸度が分かります。電池が不要のタイプがおすすめです。

正確な酸度が分かれば、的確に植物の好みの土にすることが可能です。

土壌酸度計は園芸用品を扱っているお店で手軽に手に入れることができ、価格は3000円前後です。

水分も一緒に計測できるものが中心で、中には照度を計測できるものもあります。
予算や必要に応じて選んでみて下さい。