やさしい園芸講座

球根植え付け

園芸を楽しんでいる人にとって、球根を植え付けてから、花が出るのを待つのも楽しみの1つです。

代表的なチューリップを始め、スイセン、ムスカリ、クロッカスなど、可愛らしい花を咲かせる球根類がたくさんあります。

植えつけてからしばらくしないと、どういう風に花が咲くのか分からないのが球根類の面白いところです。
立派な花を咲かせるには、良い球根を選び、しっかりと植えつけてやることが肝心です。
良い球根は、同じ品種と比べてより大きくて重いものが良いです。
傷やカビ、虫食いの跡、病班があるものは避けましょう。

植えつけは、コンテナと花壇への植えつけでは、植えつけの深さが異なりますが、花壇への植えつけは基本的に、球根3個分が植えつけの深さになってきます。

球根の植えつけをよりスムーズに行う、便利な園芸用品があります。

棒に目盛りがついていて、植えつけの深さが測れるものがあります。
実際に球根を置いて植えつける深さを測り、植えつけたい場所に差し込みます。
差し込んだ棒をグリグリと回し、穴を広げるようにして植え穴を作ります。
小さい球根から中くらいの球根まで、いろいろなサイズの植え穴を作ることができ、タネまきの時にも使えます。

球根植え付け時にオールマイティに使える園芸用品もあります。
グリップの片側を押しながら、球根を植えつける位置に押しまわすように差し込み、植え穴を作ります。
球根を入れた後、グリップ調節で抜いた土が落ちるようになっていて覆土ができる仕組みです。

たくさん球根を植えたい時はとても便利です。
球根類が好きな人は、ぜひ使用して下さい。