やさしい園芸講座

庭木のお手入れ

庭木のお手入れについてご紹介します。

庭に木を植えると、目隠しになったり、直射日光を遮る日陰を作成してくれたり、存在感があって、花とは違った、癒しの空間を与えてくれます。

庭に木は植えたいですし、植えている人も多いでしょうが、知らず知らずのうちに大きくなってしまうものです。

伸び放題にしておくと、庭木同士で栄養を取り合ってしまい、どれもが枯れてしまう可能性もあり、生育や結実の調節、形を整えるために、庭木には定期的な剪定が必要となってきます。

背の高い木の剪定に便利な園芸用品に、脚立と高枝切り鋏があります。

脚立は、いろんな高さや形状がありますが、脚の長さをそれぞれ変えることのできる園芸用三脚が便利です。

段差がある場所でも脚立がしっかり安定するように、それぞれの脚の長さを変えることが可能です。安全に剪定することが可能です。

あまり、高い脚立に乗ると危ないですから、脚立は適度な高さにして、剪定に使用するハサミは、高枝切り鋏を使用すると便利です。

通常の剪定鋏でも可能ですが、テレビショッピングで話題になった、高枝切り鋏を揃えているお家も多いでしょう。

高枝切り鋏には、掴み金具が付いているため、切った枝を掴み、下に落とさないように着ることが可能です。果実の収穫にもとても便利です。

また、高さによっては、脚立を使わずに切ることができるので、手軽な木の剪定なら、こちらの方が便利かもしれませn。

常緑の木は春の萌芽が一段落する6月頃と、夏の伸びが止まる10月頃、落葉の木は葉が落ちて休眠期となる、11〜3月頃が剪定に適した時期といわれています。

剪定は、面倒ですし、やらなくても済んでしまうので、なかなかやろうとい気になりませんが、便利な園芸用品を使用して、ちょっとずつお手入れしてあげて下さい。