やさしい園芸講座

草刈り機の事故について

草刈り機の自己が増えているので、ここに注意したいことを書きたいと思います。

草刈りは一般の家庭では、重労働なので、おうちで手軽に使用することができる草刈り機が増えています。

園芸用品店に行けば、何種類もの草刈り機があり、簡単に購入することが可能です。
草刈り機には、手で押すタイプと、エンジン動力で、自動的に走行するものとあります。手で押すタイプは、軽くて扱いやすく、自走式の方は、力をかけずに進むので広い場所に向いています。

いずれも、刃を高速回転させて草を刈ります。

草刈り機はとても便利ですが、この草刈り機による事故が多いことも事実です。

回転歯がとても高速で回転するので、作業中には細心の注意してください。

回転歯が作業者から見て左回転している場合、左へ振る場合に草を刈って、右へ戻すときは刈らないようにすようにしましょう。

高速回転している歯の右側が固い草や木の茎に接触して、回転力により歯が押し戻されて作業者に接触する事故にならないようにするためです。

作業をする場合は、刃の手元側に、防護カバーを装着して作業をすることが法律で義務づけられていますが、刈った雑草がシャフトとカバーの間にはさまってしまうので、作業効率が落ちるます。それが面倒なため、防護カバーを外したままで刈払い作業を行なう人がおおく、事故の原因のひとつとなっています。

草刈り機で作業する場合は、肩紐で本体をつって行なうのが安全です。

肩と腰の2本のベルトで身体に固定するとより安全です。 また、歯に跳ね上げられたジャリなどが眼に当たると危険です。保護カバーを正しく装着するのは当然ですが、作業する人も、めがねなどで保護したほうがよいと思われます。

作業が長時間になるときは、防振手袋や、耳栓などを使用しましょう。

面倒なようにも思いますが、怪我をしてしまったら、取り返しのつかないことになってしまうこともあります。危険なものを使用しているという気持ちを忘れずに、注意して使用して下さい。