やさしい園芸講座

ハンギングバスケット

ハイドロカルチャーとは、土の代わりにハイドロボールなどを使用して植物を育てる、水栽培の一種です。

土がこぼれたり、虫が発生したりしないので、家中どういう場所でも楽しめますし、水やり月に数回ていどなので、家を空けることが多い人にも水やりの心配をしなくてすみます。
今までいろんなことで二の足を踏んでいた方も、ハイドロカルチャーを知れば、きっと家に観葉植物を置きたくなるでしょう。

ハイドロカルチャーは、水耕栽培用に作られたハイドロボール(ハイドロコーンとも呼ばれます)を使用して、観葉植物を栽培します。

ハイドロボールは、土と違って無菌なので、部屋を汚すこともなく、食卓にも飾ることが可能です。

使用する容器は、底に穴が開いていなくても問題ないなので、いろんな容器で楽しむことが可能です。園芸用品としての鉢ではなくても、自分の好きなコップや茶碗などでも栽培できます。

普通の鉢のように、底に穴が開いていないと、根腐れしないか不安になるかたもいらっしゃるでしょう。根腐れさせないために、根腐れ防止剤を使います。容器の底から2〜3cmまで大粒のハイドロボールを入れ、中央に根腐れ防止剤を加えるようにします。
容器の中央に株を入れて、周りからハイドロボールをちゃんと詰めていきます。

普通の寄せ植えのように、何種類かの植物を入れても楽しいです。

ハイドロカルチャーに適した植物は、ポトス、セローム、シンゴニウム、テーブルヤシ、アイビー、ゴムの木、ベンジャミン、ベゴニア、セントポーリア、シクラメンなどです。
また、でき上がったら、雰囲気に合わせて、雑貨などを飾ってもかわいいです。

ハイドロボールは、表面に、白っぽい粉のようなものが付いていて、容器に白く付いてしまうことがあるので、一度洗ってから使いましょう。

このハイドロボールは、洗うことで何度も繰り返し使えるます。使い込んでいくと、多少の劣化はありますが、とっても経済的で、環境にも優しいものです。

園芸用品店には、いろいろなハイドロボールが売っています。大きさは様々、色は茶色のレンガのような色が少なくありませんが、お店によって、いろいろな色があります。

早速、植物とハイドロボールを買って、お気に入りの容器で作成して下さいね!