やさしい園芸講座

ハイドロカルチャー用に挿し枝してみよう

お家の中でも手軽に園芸を楽しむことができるハイドロカルチャー。

管理も手間がかからず、園芸用の鉢のみでなく自分の好きな容器に植えられますし、好きな植物を使用して寄せ植えも楽しめます。置き場所も選ばないのでお洒落なインテリアとしても人気があります。

ハイドロボールという園芸用品を使用して、お家の中で水耕栽培をするハイドロカルチャーは、どういう植物でも良いという訳ではありません、適した植物があるようなので、調査してみました。

ハイドロカルチャーには、日陰でも良く育つものが向いています。
育てやすいものに、発根しやすいポトス、ペペロミア、フィカスプミラ、ブライダルベール、水を好むアイビー、ドラセナ、シンゴニウムなどがあります。

これらの苗は、お花屋さんなどで、ハイドロカルチャー用としてお店で売られています。それを使えば手軽に楽しむことが可能ですが、それ以外にも、挿し枝をしたりして根を出した植物も使用することが可能です。

鉢植えの植物を使用する場合は、まず、根を痛めないように土を落とします。

寄せ植えしやすいように伸びすぎた根を切り取り、丁寧に水洗いします。
外で管理されていた鉢植えのものを使用すると、急激な環境の変化により、一時的に苗に痛みが出てしまうことがあります。

挿し枝は、伸びすぎて大きくなった植物の枝を切り、コップなどに水を入れ、挿しておきます。そのうち、根が出てきますのでそれを利用します。

ただ枝を切るのみでなく、切った枝は上から2、3節を残し、葉をちぎった節目あたりから根が出やすいので、下葉をちぎっておきます。

真夏と真冬を除いた時期なら、挿し枝はいつでも行うことが可能ですが、一番根が出やすいのは植物の成長期にあたる〜7月です。

植物の種類や環境にもよりますが、根は、1週間〜3週間くらいで出てきます。

全てに根が出てくるという訳でもないので、気長にお待ち下さい。

自分が好きなお花の根を出すと、自然と増えていきますし、経済的です。お友達に分けてあげてもいいです。

是非挿し枝にも挑戦して下さい。